一般社団法人日本ハウスメンテナンス協会

私たち、一般社団法人 日本ハウスメンテナンス協会(JHMA)は、住まいを維持するための正しいメンテナンスについて、その知識・技術力を計り、ハウスメンテマスター資格を認定します。自らの住まいだけではなく地域の住環境の向上に寄与する人材を育成することにより、地域社会の発展に貢献することを目的として設立されました。


Our vision

・「自分の家は自分で守る」をコンセプトに、検定・講習を通じて技能を向上させる場を提供します。

 

・取得した技能を減災・防災面も含めた住環境の維持向上などの地域貢献に活かします。



Our Story

社会の高齢化が進み「どこに頼めばいいの?」の声が高まる中、趣味や修得した知識・技術を生かし、楽しみながら地域貢献していく。

 

プロの建築職人から技術・知識を習得し、共に学び、共に実践することが住みやすい地域を創っていくことにつながります。

 

どんなに素晴らしい家を建てようとも、建てたままでは永久に大丈夫ということはありません。必ずメンテナンスという「助け」があって、建物は住まいとして永く生き続けられます。

 

日本の住宅の寿命は約30年と言われてきました。主な建築材料の杉や檜は、柱や梁の大きさになるまでには約60年かかります。

 

つまり日本の家は、60年は持たせないと自然破壊につながるのです。事実それは進んでいます。

 

正しいメンテナンスの方法を学び、自分の池は自分で守りましょう。



ハンスメンテマスターによるコミュニティ